製品・ソリューションPRINTED
CIRCUIT BOARD
プリント基板 設計・製造

はんだ付け専用ロボット LETHERシリーズ

独自性

はんだ付け専用ロボット LETHERシリーズ

はんだ付けは「0.1秒が非常に長い時間」、「はんだは生き物」と言われる世界です。そのシビアなはんだ付けの自動化を目指し、はんだ付け”真”理論を確立しました。そしてその実現のためにロボットをはじめ、ハード・ソフトの独自開発をおこない「専用ロボット」を生み出しました。
現在、はんだ付けの新境地と呼ばれるクオリティにより、長年に渡り多くのお客様にご愛顧をいただいております。

  • はんだ付けに特化したロボット・ソフト自社開発
  • MEIKO・LETHERシリーズ はんだ付け専用ロボット
  • 満足を超えた、はんだ付けの新境地
  • 30年以上・約2000式の納入実績
はんだ付け専用ロボット LETHERシリーズ

市場のニーズと“真”理論

  • 手はんだ付けによる市場クレーム

    作業者によるはんだ付けは、ワークに当てるコテ先の位置・角度・加熱時間、はんだの量やタイミングが毎回異なります(同一にできない)が、結果はそれなりの仕上がりとなっています。しかし、この悪い点は、たとえ不良部品であったとしても、作業者が器用にはんだ付けしてしまい、それが検査をすり抜け市場に出たあと問題を起こしてしまう、といった潜在的なリスクがあります。

  • 品質の再現性がないロボット

    そういった背景のもと、「安定したはんだ付けができる」と多くのロボットが導入されてきていますが、実際には品質がバラつく等といった想定外のトラブルが発生し、今もなお多くの生産現場が苦労しているのが実状です。

  • はんだ付け専用ロボット

    メイコーは、ロボットの長所である「再現性」「タイミング」「動作」に着目し、30年以上にわたる「ロボットによるはんだ付け」の研究から独自の理論「はんだ付け”真”理論」を構築し、それをこの「はんだ付け専用ロボット」で実現しました。

  • はんだ付け“真”理論

    具体的には、①独自のはんだ送り機構(ダブルモーター化、はんだの二段階送り、ロボットからのダイレクト制御)、②ロボットアームの軽量化設計による高速化、③ワークに合わせたコテ先ユニット(800種類:コテ先角度同一仕様)など、長年にわたる独自の研究による成果を取り入れています。

はんだ付けの“真”理論 5つの例

  1. 1. はんだ送りのダブルモーター化

    はんだ供給を2つのモーターを用いて実行

    • 供給タイミングやスピードの安定化が実現
    1. はんだ送りのダブルモーター化
  2. 2. アームの軽量化

    アーム自社設計

    • 軽量化を追求し、高い機敏性を実現
    2. アームの軽量化
  3. 3. 自由自在なコテ先アプローチ

    ロボットとコテ先の一体化

    • X・Y・Z・θ同時制御により、コテ先の自由自在なアプローチが可能
    • ①スピード微調整OK
      ②アプローチ経路設定OK
    3. 自由自在なコテ先アプローチ
  4. 4. コテ先角度の固定

    専用ロボットの総合力が実現する、コテ先角度の固定化

    • コテ先角度:約60° コテ先実績:800種
    • コテ先のはんだ・フラックスが生きた状態
    • コテ先のカット面を変えるだけで、はんだの流れコントロールが可能に
    4. コテ先角度の固定
  5. 5. ロボット専用ならではの機能

    • ティーチングBOX機能

      ①ダイナミックエディター

      • はんだ量、加熱・予熱時間など
        BOX操作にてリアルタイム更新
      ①ダイナミックエディター

      ②ピッチコピー

      • 等間隔のワークに対する設定簡略化
        (最初と最後のポイントの条件 + 合計数)
      ②ピッチコピー
    • Winアプリ 置換・検索

      ①各命令ごとに色分け

      • プログラム行“色”の条件キー化。
      • 検索および置換機能との相乗効果。

      ②“倍率指定”機能

      • はんだ径の変更時など、各パラメータ一括変更に威力
      Winアプリ 置換・検索
    • はんだ戻し設定不要。はんだ溶かし量の設定のみでOK
      (戻し量はバックグラウンド管理)

      【シーケンス例】
      ①はんだ供給後、戻す(戻し量)

      ①はんだ供給後、戻す(戻し量)


      ②溶かす量のはんだを送る(溶かし量)

      ②溶かす量のはんだを送る(溶かし量)

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせに対する返信につきましては、その内容や時期等によりお時間をいただく場合、もしくは明確な回答ができない場合がございますので、その点はご了承ください。また、弊社から返信致しましたメールを、弊社の許可なくメールの一部または全部を転載したり、二次利用することはご遠慮ください。